CloudAtCostのcPanelを活用?する その1:サーバー情報

はじめに

もう話題にすらあがらなくなった感がある激安買い切りタイプのVPS、CloudAtCostですが、VPSの他にcPanelというコントロールパネルが利用できるウェブホスティングサービスをこちらも買い切りタイプで提供しています。わたしはこの度セールで80%Offで購入することができたので、そこで何ができるのか試した内容をシリーズ仕立てで書いていこうかと思います。

今回はその1回目、ざっと眺めた感じでのサーバーの情報を書いていきます。

基本的な情報

わたしが購入した、cPanel-Business プランは以下のような構成になっています。

  • ドメイン数: 1
  • ディスク容量: 200 GB
  • 転送量: 7TB
  • メールアドレス数: 200
  • MySQL データベース数: 200
  • cPanel コントロールパネル: 利用可
  • PHP: 利用可
  • $30買い切り(メンテナンス料がかかるかは不明)

SSHなどからのコンソール利用不可

Product listにはcPanelコントロールパネルのログインリンクしかなく、またサーバーのIPアドレスに,
自動設定されたユーザー名と当方が設定したパスワードでSSH接続を試みても接続できなかったため、コンソールは利用できないと思われます。

初期設定など

コントロールパネルへのログイン方法

Client portal の Product list からプランの右端、Actions欄の歯車アイコン → Login to cPanel 。
またはプラン詳細の右上、Package Actions → Login to cPanel 。

コントロールパネルの日本語化

できなさそうで実は日本語表示ができます。
右上のユーザー名のメニューから Change Language を選択。Select a Language のプルダウンメニューから Japanese(日本語) を選択し Change クリック。

スタイルの変更

お好みでコントロールパネルの見た目を変更できます。
右上のユーザー名のメニューから “スタイルの変更” を選択。

Q&A・その他

コントロールパネルが遅い

仕様です。

作成したサイトへの接続が遅い

仕様です。

何もかもが遅い、遅すぎる!

仕様でs(ry

エラーでコントロールパネルに入れない

仕様d(ry
何度もアクセスしなおしているといずれ繋がるはずです。

作成したサイトに接続できない

仕(ry
時間を置いてアクセスし直してみてください。

詳細なバージョン情報

  • cPanel バージョン: 68.0 (build 16)
  • Apache バージョン: 2.4.29
  • PHP バージョン: 5.6.32
  • MySQL バージョン: 5.6.38
  • Perl バージョン: 5.10.1
  • OS: Linux x86_64 2.6.32-642.6.2.el6.x86_64(CentOS6?)
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×