Fire HD 8 (2018) に LineageOS 16.0 をインストールする

これは mstdn.maud .io Advent Calendar 2019 6日目の記事です
昨日は @umezou さん でした

通称光る板

あの Amazon が発売している Fire HD 8 という格安タブレットPCですが、これにはAndroid ベースにカスタマイズし Amazon サービスに最適化された Fire OS がインストールされており、デフォルトの状態では Play ストアなどの Google サービスが一切利用できないことはみなさんご存知でしょう。(非公式で Play ストアをインストールすることが可能なようですが…)
ただし、Fire シリーズは以前からHackが盛んであり、これまでに Fire HDX や Fire 7 などのモデルのHack方法が確立されてきました。この度XDA民の謎の力によって Fire HD 8 最新モデル(2018)に LineageOS などのカスタムROMをインストールする方法が発見されたため、その手法を紹介しようと思います。

参考にしたXDAスレッド

Disclaimer / 警告

以下の内容にはデバイスのファームウェアを直接変更する作業が含まれるため、失敗した場合は一切デバイスが起動しなくなる(文鎮化)可能性があります。実行する場合は完全に自己責任で行ってください。

試した環境

Fire HD 8 (2018)

  • 2019/11初頭に新品購入
  • 16GBモデル
  • ファームウェアバージョン: 6.3.1.2

PC

  • Arch Linux をインストール済み

メモ

  • セットアップ時にWi-Fi接続しない(自動アップデート防止)
    • SSID選択画面で一旦をSSID選択してからキャンセルするとスキップボタンが現れる
  • 開発者オプションの有効化
    • 設定 - デバイスオプション - バージョン情報 - シリアル番号 を7回連打

1. 準備

1-1. 必要パッケージの準備

Arch Linux での必要パッケージは以下

  • python
  • python-pyserial
  • android-tools
  • dos2unix

Ubuntu の場合は上記XDAスレッドを参照

1-2. ModemManagerの無効化

1
2
$ sudo systemctl stop ModemManager
$ sudo systemctl disable ModemManager
  • 作業終了後は有効化を忘れずに

1-3. ファイルの準備

  • 上記XDAのスレッドから amonet-karnak-v3.0.1.zipbrick-karnak.zip をDLする
  • これらを展開し、brick-karnak.zip 内の amonet フォルダ内を amonet-karnak-v3.0.1.zip 内の amonet フォルダにコピー(これは必要ないかもしれない)

2. Unlock実行

  1. 開発者オプションからADBの有効化
  2. PCと接続する
    • USBの接続モードをPTPモードに切り替え
    • ADB 接続確認
      • $ adb devices
  3. ブートローダー(fastboot)へ
    • $ adb reboot bootloader
    • “=> FASTBOOT mode… “ 表示
    • (fastboot コマンドは sudo をつけないと動作しないかも)
  4. amonet フォルダに移動しbrickスクリプト実行
    • $ ./brick-6312.sh
  5. “YES”と入力するとbrick処理開始
    • “All good ~” 表示で完了
    • 電源ボタン長押しでFireの電源オフ
  6. PCと切断
  7. Bootrom ステップ実行
    • $ sudo ./bootrom-step.sh
    • “Waiting for bootrom” が出たらPC接続
    • Enter で続行
  8. 終了後一旦PCと切断し、再接続
    • hacked fastboot mode で起動
    • $ sudo ./fastboot-step.sh
  9. 再起動後、TWRPが起動
  10. Unlock完了!

3. LineageOS のインストール

Magisk などのアップデートについて

  • Unlock 手法の関係上 boot/recovery イメージはOS上から焼いてはいけないため、Magisk などそれらのイメージを書き換えるものは必ず TWRP から焼く

Bluetooth が無限にエラーを吐く対策

  1. ROM本体のみをインストールし、一旦セットアップを完了させる
  2. 開発者オプションからADB有効化、PCと接続
  3. $ adb shell pm disable com.android.bluetooth
  4. Fire再起動
  5. お好みで Magisk → Gapps の順にインストール
  6. Profit!

Gappsのバージョンについて

  • ブートループの可能性があるので1003/1006バージョンの使用を推奨

最後に

今回は Fire HD 8 に LineageOS をインストールし、通常の Android タブレットとして使えるようにする方法を紹介しました。まだ Bluetooth やヘッドホンが使えないなど不安定なところはありますが、通常のAndroidタブレットより安く購入できる Fire HD 8 にカスタムROMがインストール可能になったのは大きな魅力でしょう。公開されているリポジトリを見ると開発は活発であり、LineageOS 17 の移植も進められているようなので、これからにも期待できそうです。

以上 mstdn.maud .io Advent Calendar 2019 6日目の記事でした
明日は @siki_uta さん です

ネコのお考え

手元でインストールした時のメモベースなのとあまり時間がとれなかったので雑になってしまいました。LOS手元ビルドは先月末試したものは起動しなかった&現在のツリーベースではやる時間が取れなかったので未確認… これが動けばFlokoも夢ではなさそうなので後日やってみます。これら含めて後日追記しようと考え中。(このツリーにもちょっとした癖が…)そういえば今日からのAmazonサイバーマンデーセールでFireHD8もセール中なようですね。(なんとわたしが購入したときよりも安い!)もしモデルチェンジされてしまうとここで書いた手法は使えなくなってしまうかもしれないので今の内に購入どうですか?(ステマではないですよ!)
以上ネコのお考えでした。

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×